求める賃貸条件と地元との違い

求める賃貸条件と地元との違い

さて、藤沢とはまた違った魅力がありそうな浜松。

支店は浜松駅の目の前ですが、生活する場所を決めなければいけません。

幸か不幸か、また数年もすれば転勤の可能性があるため、賃貸で探す事になります。

とはいえ、賃貸を探す事は本職でもあるので、あまり苦労はしません。

駅から徒歩圏内にあり、エアコンとウォシュレットが付いている事が絶対条件。

その上で、独身の間でしか住む事の出来ないテイストの賃貸物件がマストです。

具体的には、コンクリ打ちっ放しなど。

それに、食事する場所と、寝る場所が分かれている方が良い。

ロフトが付いていたり、メゾネットで上と下のフロアが分かれている、などの物件が当てはまります。

こういった条件で、検索サイトを使えば、多くの物件がヒットします。

その中で、予算に合うものを探していくのです。

さて、東京や藤沢の感覚で探したものの・・・困った事に、あまり良い家が見つからない。

妥協すれば家は見つかりますが、何年も住むのでそうはいかない。

少し時間があったので、実際に新幹線でまずは下見もかねて行く事にしました。

藤沢から東海道線で、小田原まで行き、そこから浜松まで新幹線。

2時間少しで行く事ができるようでした。

休みはたっぷりあるので、観光も兼ねようと思い簡単な荷造りもしました。

近くの民宿をオンラインで予約して準備完了。

翌朝、サーファーで賑わう片瀬江ノ島駅から、まずは小田急線で藤沢に向かいました。

わずか3駅という間ですが、江ノ電には及ばないにせよ「湘南」という雰囲気が感じられ、とても好きな時間です。

藤沢の賃貸紹介支店で働いていた頃は、お客様はやはり海沿いの物件を希望される事が多く、それなりに値段は高いものの、やはりこの片瀬江ノ島から藤沢の間での物件は人気がありました。

自身でも、本当にこの支店で働けてよかったと思います。

賃貸業というのはやはりお客様が生活する場所を提供する仕事ですから、その中で地元の良さをわかっている自分だからこそ、やりがいがありました。

実際に湘南に住んでいただき、満足して頂いている様子を見ると、地元愛もあって本当に嬉しかったものです。